在籍確認

プロミスから職場への連絡

 

キャッシングの利用に当たっての審査時に必ずあるのが職場の在籍確認です。

 

プロミスだけではなく基本的にどの業者でも在籍確認は行われます。

 

収入のない人にお金を貸すことはできないため、
たしかに収入がある人なのかどうかを確認する作業です。

 

とはいえ、職場にキャッシングをしようとしていることがわかってしまうことによる不都合など、
職場への連絡はできれば避けたいところでもあります。
なんとか職場にバレないで在籍確認を済ませる方法はないものでしょうか。

 

時間指定で都合の良いときに

 

職場に在籍確認が入る前に,携帯電話などに本人確認の電話がまず来ます。
その時に、在籍確認の時間などをお願いしておくことができます。

 

必ず自分がいる時間に電話をかけてもらい、自分で電話に出てしまうという方法もあります。これなら他の人には全く影響ないため、バレてしまう恐れはほぼありません。

 

あるいは、あえて自分がいない時間に電話をしてもらい、
あとから同僚に電話があったことを伝えられたら、その後直接電話が来て用事は済んだ、とだけ伝えるという方法もあります。

 

自分が確かにその職場に在籍していることが確認できればいいだけです。
とはいえ、職場で変な噂になってしまわないように、時間指定など様々なサービスをしてくれますから、上手に活用しましょう。

 

 

 

 

在籍確認の電話回避は可能?

 

在籍確認はどの消費者金融でも不可欠な確認作業なので避けて通ることは難しいと言えます。
それでも理由はさまざまですが、できることなら電話以外でお願いしたいと思う人がいらっしゃることでしょう。

 

電話での確認は避けられるのでしょうか。

 

「電話以外の代替方法で「これ」というものを言い切ることはできないものの、企業に属している人であれば、企業の健康組合名が記載された健康保険証(社会保険証)を必ず持っているため健康保険証の提示により在籍確認をそれに代えてもらえるかもしれません。

 

近年、偽造の多発によりその方法が取れなくなったという情報もあります。
こちらから先に電話連絡をし、社会保険証で代替方法になるか一度、尋ねてみてください。
OKの返事がもらえれば助かりますし、口頭による確認しか認められないという返事であればそれに従わねばなりません。

 

プロミス側は確実にプライバシーを守るよう徹底してくれていますので心配は一切いりません。
信頼を築くために直接電話で在籍確認に応じるのが一番良い方法だと言えます。

 

 

土日の在籍確認は?

 

週末や祝日に限らず、プロミスでは在籍確認のための電話連絡が嫌な人のために他の方法で確認を取れるシステムを用意しています。
例えば直近の給与明細、社会健康保険証などの会社に在籍していることを証明する証書さえあれば、会社に直接電話をしなくても大丈夫です。
しかしその分準備しなくてはならない証書は増えますので、面倒くささは若干増します。
申し込み後の確認の電話連絡の時に、証書での在籍確認をしてほしい旨を伝えましょう。
その後一番近い無人申込機に行ってカードを受け取り、お金を受け取ることが出来ます。
これで会社が休みの日でもお金を受け取ることが出来ます。
もし三井住友銀行やジャパンネット銀行の口座を持っていたらより簡単に休日でも振り込みがしてもらえます。