お金を借りるにも限度があります

ご利用可能額とは?

 

「利用限度額」「利用可能額」という言葉を聞いたことはありますか?

 

この二つの言葉は似ているようで違います。

 

利用限度額は貸し出せる上限金額です。
プロミスの場合利用限度額は500万円です。
どんなに収入のある方でも500万円以上の借り入れはできません。

 

利用可能額とは利用者に対して貸し付け可能な金額のことです。
申し込み時に聞く利用者からの希望融資額と審査をもとにプロミスが決める融資額なので、
利用可能額は一人一人違ってきます。

 

 

 

「利用可能額がゼロ」

 

プロミスでお金を借りようとしたら利用可能額が0円ということがあります。
つまり利用停止というわけです。

 

理由はいろいろあります。

 

■利用可能額に達した
単純に利用可能額いっぱい借りてしまった場合はそれ以上借りることはできません。
当然ですね。

 

■返済延滞
プロミスへの返済が遅れた場合です。
契約通りに返済ができない場合、催促に応じず連絡もしないなどしていると利用ができなくなります。

 

■収入証明書未提出
プロミスでは1度収入証明書を提出したとしても、
収入証明書類の発行日から3年たった場合、
勤め先が変わった場合、もう一度提出しなければなりません。
提出しないでいると減額や借入停止することがあります。

 

■信用事故
他社でのローンで信用事故(債務整理や長期間の延滞など)を起こした場合もプロミスの利用停止になることがあります。

 

お金を借りるということは、最終的にはお金を返す必要があるということです。
きちんと返済のことを頭に入れて、計画的に利用しましょう。