借りるからには返す必要があるのを忘れずに

返済は計画的に

 

キャッシングの返済は忘れずに毎月しっかり支払うことが大切です。

 

遅延なく支払い続けると、
信用が上がり利用できる額も増え金利条件も良くなることがあります。

 

とはいえ、人間だれしもうっかりミスというものは起こり得ます。

 

例えばATMなどに出向いての方法では、うっかり返済を忘れるということも起こりえます。
家に帰ってから思い出すということもありえます。

 

そこで便利なのが銀行口座からの引き落としによる返済です。
口座引き落としであれば、自動で手続きされますので、万が一返済日を忘れていても必ず期日に返済することができます。

 

 

口座残高には要注意

 

口座引き落としで一つだけ注意しなければいけないのは,残高不足がないようにすることです。
返済しなければいけない額が口座にないと、引き落としが成立せず支払い遅延扱いになってしまいます。

 

行かなければいけないATMでの返済を忘れてもすぐに忘れたことに気づくかもしれませんが、そもそもどこに行く必要もない口座引き落としは、場合によっては返済が滞っていることにしばらく気づかないということも起こりえます。
翌日から延滞金利も発生しますし、なにより信用情報に傷がつき、今後のキャッシングの利用などに影響してしまいます。

 

このようなことがないように、支払日が近づきましたら、プロミスの会員サイトで返済額を確認し口座に確かに返済できるだけの残高があるようにしておきましょう。

 

 

リボ払いの恐ろしい罠に気を付けましょう

 

プロミスは残高スライド元利定額返済方式を返済方法として採用しています。

 

簡単に言えばよくあるリボ払いのことです。
リボ払いにも色々な種類がありますが、プロミスの残高スライド元利定額返済方式では、返済時に請求される金額は元金と利息をまとめて一緒に支払い、借り入れ残高に応じて毎月の支払額が変わってきます。
借り入れ残高が多ければ、その月に指定される支払額も多くなり、借り入れ残高が少なければ支払額も同じように少なくなります。
毎月の返済する額が多くないため、月々の返済の負担が減るという点ではメリットがありますが、実はこの残高スライド元利定額返済方式、たくさんのデメリットがあるのです。

 

  デメリット

 

 

  • 完済するまでに時間が掛かる

毎月の支払額が少ない分、完済までにたくさんの時間がかかってしまいます。
その時に注意したいのが利息です。
たくさん時間が掛かるということは利子もその分増えてしまうということになります。
最悪の場合、元金よりも利子の方を多く返済しなければいけないという状況にもなり得ます。

 

気を付けたいこと

  • 借金地獄に陥りやすい

借り入れ上限額の分まで自分の残高のように感じてしまい借金地獄に。
借り入れ上限まで達していないと、まだまだお金を借りられるような気分になってしまい、借金をしているという感覚がなくなっていきます。
たとえ上限額まで借りていなくても、たとえ借金が少額だとしても借金をしていることには変わりがありません。
すぐに返済できるよう正しい意識を持ちましょう。